全腎懇〔全国腎疾患管理懇話会〕 患者の立場に立った良い医療を 全腎懇〔全国腎疾患管理懇話会〕
全国腎疾患管理懇話会
トップページ
全腎懇とは
研究・交流集会
事務局のページ
会員専用ページ
リンク集
 
インデックスページ トップページ
全腎懇とは
 
会則

全国腎疾患管理懇話会会則



第1条(名称) 本会の名称を「全国腎疾患管理懇話会」とする。
 
第2条(目的) イ. 各種腎疾患についての患者の立場に立ったよい医療を行うため、学習、交流を行う。
  ロ. 透析前の慢性疾患管理の水準向上を図るため、努力する。
  ハ. 民主的チーム医療を一層前進させる。
  ニ. 社会医学的問題を直視し、その解決のため努力する。
  ホ. 全腎協等の患者運動との連携を強める。
 
第3条(会員) イ. 透析療法及び慢性腎疾患管理に従事する医療従事者で、本会の目的賛同するものを会員とする。
  ロ. 団体加入および個人加入のいずれかとする。
  ハ. 脱会は自由とする。
 
第4条(役員) イ. 役員は(1)、世話人会(2)、開催事務局で構成する。
  ロ. 世話人は、毎年総会で選出する。
  ハ. 代表世話人1名を世話人会で選出する。代表世話人は本会を代表し、統轄する。
  ニ. 監事を2名置く。監事は、会運営及び財産状況を監査する。
 
第5条(総会) 年1回の定期総会を開き、(1)、役員の選出、(2)、予算決算、(3)、会則の改定、(4)、その他を行う。
 
第6条(例会) 年1回の研究集会及び年2回の交流集会を開く。
 
第7条(世話人会)  イ. 総会並びに例会の準備・運営にあたる。
  ロ. 世話人会は代表世話人が招集する。
 
第8条(会費) 年会費制とし、個人会費は千円、団体会費は2万円とする。ただし、同一法人で複数加盟となる院所については2番目以降の院所は1万円とする。
 
第9条(事務局) 事務局は代表世話人のもとにおき、(1)入退会手続き(2)会費及び財産管理。(3)報告書の管理等の事務業務(4)開催地・他団体との調整等を行う。
 
                     1990年  11月 17日改定
                 1991年  11月 30日改定
                 2006年  10月 28日改定
 
 
ページのトップ
〒395-8522 長野県飯田市鼎中平1936 健和会病院透析センター内 全腎懇事務局
TEL:0265-23-3116 FAX:0265-23-3129 Email:jimukyoku@zenzinkon.jp
Copyright(c)2007 全国腎疾患管理懇話会 All rights reserved.